FC2ブログ

宮古島 緘黙っ子の親の会(ゆりの会)

誤解されることが多い場面緘黙。話したくても話せない子どもたちの思い、ご理解お願いします。
2020年01月 ≪  1234567891011121314151617181920212223242526272829 ≫ 2020年03月

活動報告㊴ ゆんたく会(R1.11.24)

今回は、沖縄本島親の会と一緒に企画し、8月の場面緘黙講演会のアンケートをもとに、親の会の活動に参加を希望されている保護者の方やこれまでゆりの会にご連絡をいただいた方を対象に、ゆんたく会を持ちました。
「ゆんたく」とは、沖縄の方言で「おしゃべり」という意味です。

参加したのは、緘黙経験者の方4名、本島親の会から5名、ゆりの会から2名、参加希望の保護者8名でした。
4つのグループに分かれ、ゆんたく。そのうち、一つは、緘黙経験者のグループです。
話し合いの時間(2時間)は、あっという間で、終了後は、各グループから話し合った内容を報告してもらいました。
一緒に開催した本島親の会メンバー、ゆりの会メンバー、経験者グループから、感想をいただきました。

・学校での対応や現状をしっかり受け止めて、親としてどうしたらいいのか?葛藤し、悩みながらも、子どもに寄り添って関わっていることがおしゃべりの中から伝わってきました。
お互いに共感することが多く心強く思いました。
笑顔も見られて、とても貴重な時間を過ごすことができました。

・学校行事への取り組み方や行事に参加できない場合や登校が難しい時どのように学校に理解を求めるかなど、主に学校での困りごととその対応についての話題でした。
お互いの体験をシェアし合うことができて、自分だけでは気づけなかった発見が多くあり、参加して良かったと思いました。

・私のグループは、来年、小学校に入学するお子さんの保護者の方が多く、不安に思っていることを、みんなで話しながら、経験したことを話し、楽しいゆんたく会でした。
他のグループの方や今回参加できなかった方とお話しできなかったことが残念に思います。
本島にも悩んでいる人がたくさんいることがわかったので、次につなげられるように、また是非集まりをもちたいです。
とても楽しい時間でした。

・ゆんたく会ではそれぞれが抱えている不安なことに共感することが多くて、改めてこの会が親にとっても心の支えになると実感しました。
また、1学年上の小学校入学にあたっての話のアドバイスが聴けたのも良かったです。
医療機関や相談窓口などの情報も聴けたので、嬉しい情報でした。
これからも支援やサポートにつながるように、親の会に参加していきたいと思います。

・8月の講演会後、学校の先生と連携を始めた保護者の方もいました。
教育現場でも家庭でも試行錯誤であること、そんな中でも、学校の先生方と話し合えることを前向きにとらえていきたいと思いました。
また、緘黙への取り組みについて、高木先生が講演会でお話しされていた「本人が選び、決めて、進めていく」大切さを再確認し合いました。
その他、その子にとって、学びの場がいろいろと選択できる環境や体制があると良いなと思いました。

・場面緘黙経験者グループ
経験者としてゆんたく会に参加しました。
ゆんたく会では、他の経験者の方と、自分たちの緘黙時代について、そして今の悩み事についてお話ししました。

参加された方々が全員20代ということもあり、親しみを持ってお話をすることができました。

「おとなしい子」「喋らない子」とみられている分、喋った時の周りのリアクションが気になって喋れなかった、話せる場面では思い切り話が出来ていたので自身でもとても不思議に思っていた、といったような、緘黙ならではのエピソードを共有しました。
また、私たちが「かんもくっ子」だったころは、そもそも「緘黙」について知識のある大人が周りにいなかったため、支援を受けられなかった中で、これまでどのようにして緘黙時代を乗り越えて来たのかを話しあいました。

そして、緘黙時代に、言葉で思いを伝えたりぶつかり合ったりする経験が極端に少ない分、社会に出てから対人場面で苦労することが多い、対人場面で極端に疲れてしまう、といったことが今回のゆんたく会で共有できました。

緘黙は、”話せるようになる”ことがゴールではなく、”話せるようになって、誰かとコミュニケーションできる”ことが最終的なゴールなのかもしれないな、と考えさせられました。
とても有意義な時間でした。ありがとうございました!


参加してくださった皆さん、ありがとうございました。
ゆりの会も、今後も経験者の方や本島親の会とともに、活動をしていきたいと思います。

次回のゆんたく会開催は未定ですが、次回の参加をご希望の方は、
Kanmokuokinawa☆yahoo.co.jp
または、ゆりの会メールアドレスkannmokumiyako☆gmail.comまでお願いします。
※どちらのメールアドレスとも、☆をアットマークに変えてください。
ゆりの会のメールアドレスは、「n」の文字が連続していますので、確認お願いします。

R1.11.24 ゆんたく会

スポンサーサイト