宮古島 緘黙っ子の親の会(ゆりの会)

誤解されることが多い場面緘黙。話したくても話せない子どもたちの思い、ご理解お願いします。
2014年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年07月
ARCHIVE ≫ 2014年07月
      

≪ 前月 |  2014年07月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

場面緘黙の理解に、お勧めのサイト

場面緘黙について、ぜひ、以下のサイトから、理解をしてほしいと思っています。

●かんもくネット
 場面緘黙児支援のための情報交換ネットワーク団体です。
 緘黙に関する情報や資料、書籍、役立つツールが、掲載されています。
 
●学校で話せないこどもたちのために
 かんもくネットの事務局で、元緘黙児の保護者であるははさんのHP。 
 本人・保護者向けの連続絵本や、身近なきょうだいや祖父母に理解を求める資料など
 わかりやすい内容です。

●知ってサポート☆場面緘黙ー学校で話せない子どもの子育てー
 場面緘黙を広めるための元場面緘黙児の保護者 みこさんとナツさんのホームページです。
 緘黙の子供たちへの対応や保護者の気持ちが、漫画やイラストで、紹介されています。
スポンサーサイト

ブログ、始めました。

初めまして。
宮古島 緘黙っ子の親の会の世話役の みやこ といいます。

パソコン・文章が苦手なので、今までは、文字数も少なく設定が簡単なTwitterで、
当会の活動を発信していましたが、もっと多くの方に、場面緘黙のことや親の会のことを知っていただきたいと思い、ブログに挑戦することにしました。
慣れないブログに、ちょっと、ドキドキしています。
ブログ初心者ということで、これからもちょっと修正かかるかもしれませんが、
今後とも、よろしくお願いします。

最初に、会の紹介をさせていただきます。
この会は、平成24年8月12日に、6名の保護者で立ち上げました。
おかげさまで、もうすぐ、3年目を迎えます。

立ち上げのきっかけは、緘黙の子をもつ同じ立場の保護者の方と、
直に会って話しがしたい・気持ちを共有したい という思いからでした。
周囲の人や保育園・幼稚園・学校の先生方のご協力を得ながら、呼びかけたところ、
6名の保護者(世話役を含め)が集まりました。
実際に会って、お話ししていくうちに、共感することが多々あり、
「一人じゃない」「仲間がいる」と思え、勇気が湧いてきました。
まさに、孤立感からの解放でした。

現在は、2か月に1回のペースで、集会を開催しています。
学校の行事前(始業式、運動会など)に合わせて、子供たちへの対応を情報交換しています。

会では、会員を、随時募集しています。
また、子供のころ緘黙を経験された方、緘黙を克服されたお子さんの保護者の方がいましたら、
会へのご協力をお願いしたいと思っています。
ご協力いただける方、参加ご希望の方は、メールアドレス kannmokumiyako@gmail.comまで、
ご連絡ください。
よろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。