宮古島 緘黙っ子の親の会(ゆりの会)

誤解されることが多い場面緘黙。話したくても話せない子どもたちの思い、ご理解お願いします。
2016年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2016年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年09月
ARCHIVE ≫ 2016年09月
      

≪ 前月 |  2016年09月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

活動報告㉖ かんもくフォーラム報告会(H28.8.13)

8月6日(土)に東京で開催されたかんもくフォーラムの報告会をもちました。
フォーラムの内容は、かんもくフォーラムFacebookで紹介されています。

かんもくフォーラム2016 午前の部
           午後の部+交流会
(青文字をクリックして、ご覧ください)

かんもくフォーラム2016

今年のフォーラムには、ゆりの会の会長と世話役も実行委員として、参加させていただきました。
最初は、上手く動けるか不安がありましたが、
実行委員会のみなさんがあたたかく接してくださり、楽しみながら終えることができました。
本当に、ありがとうございました

今年のフォーラムも、内容盛りだくさんでした。
伊藤華野先生(京都西山短期大学)の「くまもんヨーガ」の実践で緊張が和らぎ、
高木潤野先生(長野大学)のご講話では、新たな視座を得ることができました。
かんもくネット代表の角田圭子さんのお話しから、緘黙児(者)の保護者の心構えを教えていただき、落語家桂あやめさんの緘黙克服経験談から、子ども達に良い出会いがあるようにと願ったりしました。

そして、最後の交流会では、たくさんの方からお声かけいだたきました。
BGMにBEGINの歌が流れていたので、ゆったりとした雰囲気の中で、お話しすることができました。
ゆりの会の結成のきっかけを質問してくださった方は、涙ぐみながら話を聴いてくださり、
私達も話しながら、ゆりの会結成当時を思い出していました。
(ゆりの会結成のきっかけは、宮古島市の保育担当課に緘黙講演会開催を相談したことでした。)

フォーラムを通して、緘黙当事者の方や保護者の方、
かんもくコネクトさんやフットサルチームの方々、広島のあゆみの会さんなど
ネットだけではなかなか出会えなかった方たちと出会えたこと、想いを共有できたことは、
大きな収穫でした。
また、実行委員会を先導されたつぼみの会の皆さんは、お仕事や家庭のことでお忙しいのにも関わらず、丁寧に準備を進めてくださっていて、その配慮がいたるところに見られました。
熱い想いが感じられたフォーラムでした。
これからも、みなさんとのつながりを原動力に、フォーラムの想いが込められたタンポポの綿毛の一つとして、活動を続けていきたいと思いました。

今回の報告会参加は、4名でした。
東京からのお土産は、フォーラムの缶バッジとスカイツリーチョコ。
かんもくフォーラム2016缶バッジ


そして、世話役の実家からとれたバンチキロー(宮古の方言で、『グワバ』のこと)を、
みんなで美味しく食べました

バンチキロー





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。