宮古島 緘黙っ子の親の会(ゆりの会)

誤解されることが多い場面緘黙。話したくても話せない子どもたちの思い、ご理解お願いします。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 活動報告⑥(H26.1.26)TOP活動報告 ≫ 活動報告⑥(H26.1.26)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

活動報告⑥(H26.1.26)

※Twitterで報告していた過去の活動内容を加筆・修正し、掲載しています。

H26.1.26(土)
今年最初の集まりは、世話役宅で開催しました。
今回は、会のサポーターとなってくださっている保育園の園長先生と保健師の方、
会員5名と子ども達4名(きょうだい含めて)が集まりました。あっという間の3時間でした。

今回の集会では、昨年12月に東京で行われた場面緘黙講演会の報告と、
沖縄タイムスの新聞記事について、話し合いをしました。
講演会報告内容と新聞記事を、地元の福祉団体にも伝えたいという会員もいました。

話し合いの中で、会員がお互いに、自分自身の幼少の頃から現在までを振り返ってみました。
緘黙傾向のあった会員は、放課後だと仲良しのお友達と話せたり、
大人になって趣味を通じて、あたたかい人との関わりがあったり、
その積み重ねがあって、今の自分がいるとの経験談がありました。
大人になった今でも、気づかされることはたくさんある。
経験が少ない子供たちが、経験を積んでいくのは、時間が必要。
その時間を親子で楽しみながら、一緒に進んでいきたいとの話しがありました。

また、大人でも物事へ挑戦するには、少なからず不安になり、気力がいる時がある。
緘黙の子が不安に立ち向かえない場合があっても、その気持ちを受け入れ寄り添うことが大切。
挑戦するかどうかは、本人自身が決めることで、それは本人が充分に知っていると思うとの話しがありました。

今回の集会には、初めて子供たちが同席しました。
カルタやトランプ、筆談しりとりで遊び、慣れてくると小さな声を出す子もいました。
子ども達が、「話せない子は、自分だけじゃないんだ」と感じ、少しでも安心につながってくれたらと思いました。

筆談しりとり


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。