宮古島 緘黙っ子の親の会(ゆりの会)

誤解されることが多い場面緘黙。話したくても話せない子どもたちの思い、ご理解お願いします。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 場面緘黙への誤解について①TOP場面緘黙について ≫ 場面緘黙への誤解について①

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

場面緘黙への誤解について①

今年の場面啓発月間では、「場面緘黙経験者を囲んでの座談会」を開催することができました。
座談会開催にむけて準備を進める中、会員それぞれができることを提案してくれました。
振り返りの中でも、島内において場面緘黙という言葉が広まったことは実感できるが、
今後は、「緘黙の誤解を解いていくこと」が重要になってくるとの意見がありました。
会員一人一人が、日々子供たちに向き合い、会の場で意見をだしてくれることは、
本当にありがたいです。
緘黙への誤解を解いていくために、今後も地道に活動をしていきたいと思いました。

下記は、かんもくネットさんのHPの「場面緘黙とは」の中から、転載しました。

<場面緘黙へのよくある誤解>

●大人しいだけ。ほっておいても、そのうちしゃべるようになる。 
   (早い時期からの支援が大切です)
 
●おかあさんの心配しすぎでは? 
   (園や学校から、こう言われることがよくあります)

●喋らないだけで、園や学校では問題ないですよ。
   (大人しく園や学校は困らないので、本人が困っていても見落とされ、放置されがちです)

●家庭の愛情不足なのでは?
   (虐待やネグレクト環境で場面緘黙になる子は、ほんの一部です)

●家庭で甘やかしすぎ、過保護なのでは?
   (古い研究にもとづいた誤解です)

●躾がなってない。
   (返事しないのは人を無視していると誤解されることがあります)

●わがままなだけ。
   (場所・人・活動などの状況によって態度が変化する点や、
   こだわりがあり融通が利かない点を、わがままと誤解されがちです)

●わざと黙っている。 
   (反抗的だと誤解されることがあります)

●緘黙は内気なはず、あんな気が強い子は場面緘黙ではない。
   (場面緘黙の子どもの性格は様々です)

●表情豊かなのだから、緘黙ではない。
   (非言語的コミュニケーションを豊かに出来る子もいます)

●自分から友達の輪の中に入るよう努力すべき。
   (本人の努力だけは改善は難しく、適切な支援が必要です)

●1人でぽつんといても平気そうだから、無視していい。
   (表情には不安が現れないことがよくあります)

●話すように言うべき。
   (発話ばかりに注目しないことが大切です。
   話すようプレッシャーを与えると症状が悪化します)

●うなづきや首振り、筆談を許していたら、甘やかしになる。 
   (非言語的なコミュニケーションを十分行うことが、発話へのステップを進めます)

●特別扱いしてはいけない。
   (特別扱いではなく、十分な配慮と支援が必要です)

●少し喋れるんだから、場面緘黙ではない。
   (少し話せる場合、かえって周りの理解が得にくいことが多いです。
   少し話せる子にも、場面緘黙としての対応が必要です)
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。