宮古島 緘黙っ子の親の会(ゆりの会)

誤解されることが多い場面緘黙。話したくても話せない子どもたちの思い、ご理解お願いします。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 活動報告⑯ 啓発月間の振り返り H27.6.14(日)TOP活動報告 ≫ 活動報告⑯ 啓発月間の振り返り H27.6.14(日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

活動報告⑯ 啓発月間の振り返り H27.6.14(日)

今回は、会員3名で集まり、5月の場面緘黙啓発月間の振り返りを行いました。
5月には、啓発チラシを市内の関係機関に配布させていただきました。
宮古島で親の会を始めて、もうすぐ4年になりますが、
配布させていただく中で、『場面緘黙』を始めて知ったという支援者の方もいて、改めて地道な啓発活動の必要性を感じました。
また、会の活動を見守ってくださっている方もいて、ありがたい思いになりました。
チラシ配布をとおして、緘黙についての反応を聴けたことは、励みになりました。

今年は、ハートネットテレビの場面緘黙特集も合わせてご紹介させていただいたところ、
番組をご覧いただいた方から、たくさんのありがたいお声かけをいただきました。

・緘黙について、もっと教えてほしい。
・どんな対応がいいですか?
・家族でみて、勉強した。
・なにか、協力できることがあったら言ってほしい。
・教えてくれて、ありがとう。みなさんが教えてくれなったら、知らないままだった。
など

会員のなかには、番組にでていたあかりちゃんの様子をみて、我が子と重なり涙した会員も。
ハートネットの今後の放送にも期待したいと話し合いました。

番組中、電話で出演されてた角田圭子先生のインタビューが、ハートネットTVのブログに掲載されています。とても分かりやすくまとめられていて、大変参考になりました。
挿し絵からも、緘黙の子の思いが伝わってきます。
↓下記をクリックすると、読むことができます。
わざと話さないわけじゃない。専門家に聞く、場面緘黙(かんもく)について知っておきたいこと

また、今回は、きょうだいへの説明についても、情報交換しました。
かんもくネットの啓発資料「きょうだいのあなたへ」を参考にさせていただきました。

5月の宮古島では、テッポウユリがあちらこちらで、見られました。
写真は、東平安名崎のユリです。
東平安名崎は、日本百景の一つでもあります。

ゆり①

ゆり④

3年前と同じ場所で、撮ってみました。

ゆり③

ゆり②


今後も、地元に根付いた活動をしていきたいと思います。
引き続き、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。