宮古島 緘黙っ子の親の会(ゆりの会)

誤解されることが多い場面緘黙。話したくても話せない子どもたちの思い、ご理解お願いします。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 宮古島の花木①TOP宮古島のこと ≫ 宮古島の花木①

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

宮古島の花木①

5月~7月にかけて撮りためていた宮古島の花木の写真がありましたので、
一気にご紹介します。

5月に撮ったグワバの花と実。
旧盆の頃になると、グワバの実を仏壇に供えることもあります。
グワバの実は、宮古の方言で『バンチキロウ』といい、その香りは独特で、
屋内に一個あるだけでも、部屋中に甘い香りが広がります。

グワバの花

グワバの実


次は、テリハボクの花。
防風林としても、利用されています。
白と黄色のコントラストがきれいです。
テリハボク


こちらはゴールデンシャワー。
名前のとおり、上を見上げると黄金のシャワーのようです。
木全体が、黄色になります。
ゴールデンシャワー①

ゴールデンシャワー②


そして、6月末から7月上旬にかけて見られるサガリバナ。
宮古島環境クラブの主催で、夜のお花見会が開催されました。
サガリバナは、夜に咲き、朝に花を落とし一晩しか咲きません。
ピアノの生演奏を聴きながら、サガリバナのトンネルを歩き、とても幻想的な空間でした。

サガリバナ①

サガリバナ③

これからも、宮古島のことも記事にして、紹介していきたいと思います。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。