宮古島 緘黙っ子の親の会(ゆりの会)

誤解されることが多い場面緘黙。話したくても話せない子どもたちの思い、ご理解お願いします。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 活動報告⑲ 親子交流会(H27.10.11)TOP活動報告 ≫ 活動報告⑲ 親子交流会(H27.10.11)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

活動報告⑲ 親子交流会(H27.10.11)

宮古島も、だいぶ涼しくなりました。

10月11日(日)に、かんもくネット代表のかくたけいこさんと5組の親子で、交流会を開催しました。きょうだいやお友達も一緒に参加してくれました。
交流会の様子は、かんもくネットさんのFacebookにもご紹介いただいています。
かんもくネット Facebook 「親子交流会など開催しました」

交流会の最初は、風船ゲームから。
家族単位で、風船を何回つけるかゲームをしました。
H27.10.11親子交流会①

風船のあとは、新聞を細かく裂いて、長さ競争。
それぞれの家族でいかに長くさけるか工夫し、集中。
どちらのグループも、親のほうが真剣になっていました(^∇^)
H27.10.17 親子交流会②


そして、裂いた新聞の長さ比べ。
こんなに、長く裂くことができました。
H27.10.11親子交流会③

次は、裂いた新聞を大人の腰につけて、子どもが足で踏んでとるゲーム。
細くなった新聞紙を踏みつけるのは思ったよりも難しいようで、
大人は必死に逃げまわり、子ども達は笑顔で追いかけていました。
H27.10.11 親子交流会④

次は、椅子に座ってサッカーゲーム
思わず立ち上がりたくなりますが、そこは我慢。大盛り上がりで、接戦でした。
H27.10.11親子交流会⑤

一息入れたあと、けいこさんから「スライドイン」の手法を、実演で教えていただきました。
「スライドイン」とは、スモールステップで、今話せている場面(人・場所・活動)に、
別の人を1人段階的に入れて話すようにし、話せる人を増やす方法です。

そして次に、しぶたねさんの「ごぼぶくロケット」をつくって、どこまで飛ぶかゲーム。
(しぶたねさんは、病気の子どものきょうだい支援をしているボランティアグループです。)
子ども達は、それぞれ飾り付けたマイロケットを遠くへ飛ばしていて、みんな楽しそうでした。
H27.10.11親子交流会⑧

こちらは、親を対象とした「タッピングタッチ」
ゆったりとした音楽を聴きながら、行いました。
H27.10.11親子交流会⑦

そして最後に、Knet式タッチと、お菓子交換。
H27.10.11親子交流会⑥

短い時間でしたが、たくさんの笑顔が見られました。
子ども達は、もう少し遊びたいようでしたが、そのくらいがちょうど良かったかなと思います。

親子交流会を開催するにあたり、かくたけいこさんはじめ かんもくネット関係者の皆様に、ご協力いただきました。
また、かんもくネット主催「おしゃべり会in宮古島」も開催していただき、深く感謝いたします。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。