宮古島 緘黙っ子の親の会(ゆりの会)

誤解されることが多い場面緘黙。話したくても話せない子どもたちの思い、ご理解お願いします。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 活動報告㉔ 情報交換会(H28.4.28)TOP活動報告 ≫ 活動報告㉔ 情報交換会(H28.4.28)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

活動報告㉔ 情報交換会(H28.4.28)

新年度になり、今回は5名の保護者が参加しました。

前半は、新学期の子ども達への対応方法について、情報交換。
ある保護者は、少し緊張ぎみの子どもに、
去年かんもくネット代表の角田圭子さんから教えていただいた『タッピングタッチ』を実践。
その子は、気持ちが落ち着くと話しているので、タイミングを見て、タッピングタッチを行っているとのことでした。
その他にも、『朝の目覚まし代わりに手足のマッサージをしている』、
『学校は、間違っても良い場所だよ』と声かけをしているなど、
一人ひとりの工夫を出し合いました。

マッサージの話の流れから、次はみんなでお互いの手を軽~くマッサージ。
気分転換を実感しました。

手のマッサージ


親の会では、肯定的に話しを聴いてもらったり、今回のようにマッサージで癒されたり、
親自身が癒される体験をすると、その体験を子ども達の体験につなげていきたいと思えてきます。
『親自身が癒されること』は、大切なことで、親の会はそれができる場所の一つになれたらと思います。

マッサージで癒されたあと、次は、笑いヨガや動作法、カラー診断などの話題へ。
笑いヨガの話が出ると、自然と笑顔になります。
実際に笑いヨガを体験した会員は、循環が良くなってむくみがとれる、
気持ちが浄化する感覚を味わったので、お勧めだと話していました。

話しは尽きず、次から次へと話題が変わり、
後半は、沖縄ろうきん宮古支店での助成金贈呈式参加報告や今後の計画について、話し合いました。
助成金は、親子交流会や緘黙関係の図書寄贈を中心に活用させていただく予定です。
今後も、みんなでアイディアを出し合い、楽しい企画をしていきたいと思います。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。