FC2ブログ

宮古島 緘黙っ子の親の会(ゆりの会)

誤解されることが多い場面緘黙。話したくても話せない子どもたちの思い、ご理解お願いします。
2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 活動報告㉝ 沖縄本島 緘黙の子の親の会との交流会(H30.1.21)TOP活動報告 ≫ 活動報告㉝ 沖縄本島 緘黙の子の親の会との交流会(H30.1.21)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

活動報告㉝ 沖縄本島 緘黙の子の親の会との交流会(H30.1.21)

1月21日(日)、長年の夢だった沖縄本島 緘黙の子の親の会さんとの交流会を開催いたしました。
会場は、助成金でお世話になっている沖縄ろうきんさんにご協力いただき、会議室を貸していただきました。

参加者は、本島親の会から3名、経験者2名、大学生1名、ゆりの会から3名。
そして今回は、沖縄親の会さんがお世話になっている同仁病院の大宜見義夫先生と
言語聴覚士の先生、沖縄国際大学で緘黙の講義をされている心理士の牛田洋一先生も参加してくださいました。
先生方は、緘黙の専門家ではないとお話しされていましたが、
これまでの緘黙の子への支援について、熱心にお話ししてくださいました。

開催前に流れを準備し、皆さんのご協力をいただきました。
沖縄親の会との交流会

交流会の初めには、ゆりの会のこれまでの歩みも報告させていただきました。
ゆりの会のあゆみ

(こうしてまとめてみると、たくさんの活動をしてきたなとしみじみ。)

開会の挨拶のあと、参加者から、これまでの子どもたちとの関わりや
ご自身の経験談をお話ししていただき、
後半は先生方から緘黙の子どもたちと関わってきたご経験をお話ししてくださいました。
先生方は、この小さな集まりのために、いろいろなデータや論文を準備してくださっていて、
私達は感謝の思いでいっぱいでした。

先生方のお話から、いくつか報告させていただきます。
・学校現場では緘黙の子・大人しい子は、支援が先送りされがち。
日々の診療の中で、支援が必要なのは緘黙の子どもたちだと感じる。
・怒鳴り声に恐怖を感じやすい
・緘黙の子への支援で大切なのは、『安心・安全誇り・信頼・ユーモア』
・学校という文脈がその子の中に、どれだけあるかを知る
・苦手としていることを、自分でどうとらえるか折り合いをつけるかが大事
(吃音のある成人の方を例にお話ししてくださいました。)

その他、医療機関の受診についても、
先生方から「検査のベースにのることができない緘黙の子も多い」、
会員から「不安が強く病院に行けない。」とのお話もありました。

参加者の感想です。
・日々子育ての中で、揺らぐことが多いのですが、先生方のご助言を子育てのキーワードにしていきたい。
・新た視点に立って自らの子育てを見直せた
・緘黙の子は、支援が先送りされがち。医療機関にも行くことが難しいことから、
現場の学校の先生と連携をしていきたいし、そのことが重要だと再認識できた。
・沖縄本島でも、緘黙への理解・支援が以前より進んでいることが感じられるというお話に、嬉しくなった。
・保護者・経験者の話を聴いて、皆さんの取り組みなどたくさんのヒントをいただきました。
・参加して本当に良かったです。同じ思いを共有することで、また頑張れます。
・皆さんが、それぞれ我が子のために頑張っているのを知ることができて良かったです。

また経験者の方には、経験を語ることで、過去の辛い思いを思い起こさせてしまうこともあったと思います。緊張する中ご参加してくださったこと、貴重なお話をしていただいたこと、ご協力に深く感謝いたします。

今回の交流会は、短い時間でしたが有意義な会となりました。
ご多忙の中参加してくださった先生方、経験者のみなさん、本島親の会のみなさん、ありがとうございました。
今後も、新しいご縁を大切にしていきたいと思います。

そして、今回は、琉球放送(RBC)さんから取材依頼があり、交流会の様子を取り上げていただけることになりました。
放送は、2月中旬を予定されているそうです。
詳しい日時が決まりましたら、こちらのブログやツイッターで報告させていただきます。

沖縄親の会との交流会③


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。